CBDタブレット ストフリー(Stfree)

【体験談】CBDタブレット ストフリー(Stfree)を食べてみました

ベイプから始まった僕のCBD生活ですが、今回は食品としてCBDを摂取できるCBDタブレット『ストフリー(Stfree)』を試した体験談です。

Twitterでプレゼント企画が行われていて、当選しました!!

平日の朝、事務所でコーヒー(CBDじゃない)を飲み終わった後、タブレットを摂取しましたが、2粒(CBD10mg相当)で何となく効いてくる感じがありました。

携帯に便利で、講習会などの途中でも気軽に摂取できるタブレットは、CBD摂取の方法の一つとしてオススメです。

CBDタブレット ストフリー(Stfree)

CBDタブレット ストフリー

良くコンビニやドラッグストアのレジ近くに並んでいるフ〇スクみたいなプラスチックの容器です。

『CBD Tablet』『CBD 150mg配合』と言う文字に気が付かなければCBDが入ってると気が付きません。

CBDタブレット ストフリー

キレイな水色のラベルは撮影の仕方で虹色に光ってとてもキレイです。

CBDタブレット ストフリー

背面には、原材料名や内容量、注意書きなどが描かれています。

品名CBDタブレット ストフリー
名称清涼菓子
原材料名カンナビジオール抽出物(アメリカ製造)、ソルビトール、香料、ステアリン酸カルシウム、甘味料(アスパルテーム・L・フェニルアラニン化合物)、微粒酸化ケイ素、クエン酸
内容量4.5g(30粒)

公式サイトにも掲載がありましたが、30粒の中にCBDが150mgが含まれていますので、一粒当たり5mgになるそうです。

CBDタブレット ストフリー(Stfree)

セロファンをはがし、いつもタブレットの様に横に引き出すとタブレットが顔をのぞかせます。

1回1~2粒を目安に口内で溶かしながらお召し上がりください。
CBDタブレット ストフリー

2粒を手の平に取り出すとこんな感じ。フ〇スクとほぼ同じ大きさです。表面に何か半透明の丸い物が見えますが何なんでしょう?

一粒口に入れて…。フ〇リスクの癖で噛んじゃいました。

スペアミント風の味の中に、ほんの少し苦みを感じました。ほんの少しなので気にならない人は気にならないかもです。

二粒目は口の中でゆっくり溶かして食べました。

読まれている方も多い『CBDのすべて』ではタブレットは『舌下投与』の摂取方法と書かれていましたので、ポリポリ噛んじゃうんじゃなくて、口の中でゆっくり溶かして舌下から…と言う摂取方法に当てはまると感じました。

僕の場合、15分くらい経った後から何となくですが、ザワザワ感が落ち着いてきた感覚がありました。
で、

午後から運転して出掛けなきゃいけない!とかCBDをあまり沢山とっちゃいけない時に、摂取量の把握ができるのが便利に感じました。

CBDタブレット ストフリーを体験した方の口コミ

まだ、発売開始してあまり経っていないのか口コミ自体も少ないですが、今のトコロ悪い口コミは見当たりませんでした。今後も調査していこうと思います。

食べてわかったストフリー(Stfree)のメリット/デメリット

僕が実際に食べて感じたメリットとデメリットを書いてみます。

メリット

  • CBD初心者にオススメ
  • タバコが吸えない環境が多い中で、会社でも手軽に摂取できる。
  • Vapeやオイルより持ち運びが手軽で手軽に摂取できる。
  • ミント味でスッキリする。
  • CBDの摂取量が分かりやすい(1粒5mg)
  • 国産CBDで安心。
  • Yahoo!ショッピングでの口コミの評価4.65/5(2021/06/21現在)
  • オイルやVapeが苦手だった人でも始められそう!

デメリット

  • 食べやすいので、注意しないと食べ過ぎちゃう。

ストフリー(Stfree)がおすすめの人

  • CBDをはじめたいけれど、何から始めていいか悩んでいる方
  • 仕事中、社内でCBDを摂取したい方
  • 公共交通機関などでの移動が多い方
  • 身の周りにCBDに対する理解をしてくれる人がいない方

ストフリー(Stfree)がおすすめじゃない人

  • CBD摂取を必要としない方

今までのCBD摂取方法と違って、いつでも手軽に摂取でき、摂取量も把握できますので、すでにCBDを摂取されている方にとっても、摂取方法が広がって良いと思いました。

CBDタブレットストフリーの購入方法

現在、『Yahoo!ショッピング』と『楽天』で購入できます。

お得なセットが販売中!

現在『Yahoo!ショッピング』と『楽天市場』で、お得なセットが販売中です。

1つから購入できますが、3個セット、5個セット、CBDサプリメントのストフリーとの『お試し特別価格セット』があります。

まとめ:手軽に気軽に始められるCBD

バスなどの公共交通機関でも大丈夫ですし、仕事中席を立たなくてもパクッと口にできますので、Vapeは会社じゃ吸いにくいし、オイルもちょっと…と言われる方でも今まで口にしていたタブレット菓子と同じようにCBDが手軽に持ち運べて気軽に摂取できます。

僕は、事務所に一人の事が多いので、VapeでもCBDコーヒーでも、摂取したい時に摂取はできますが、公共交通機関を使っての出張や根を詰めた講習会で集中力を切らさないようにしたい時にすぐに摂取できるので、今までのVapeやコーヒーと合わせて持ち運ぶのにとても良いと感じました。

CBDタブレット ストフリー(Stfree)
最新情報をチェックしよう!
お問い合わせ
お問い合わせ