hu Device - Beige Gray

「hu」CBD VAPEレビュー!専用デバイスで始める高機能CBDベイプ!

CBD愛好家のNORI(@norino_mono)です。

CBDは、ほんの数年前まで少しいかがわしいイメージもありましたが、メディアにも取り上げられ認知度も上がり、新製品が続々と登場して、最近はクライドファンディングでも人気ですし、CBD愛好家の方も選択肢が増えて喜んでいる方も多いんじゃないでしょうか?

人と違ったデバイスでベイプをしたいな!とか、オシャレなベイプのデバイスが欲しいな!思ってる方にオススメできるデバイスも増えて来て、adReposeさんからも高機能のCBDデバイス【hu】が発売されています。

クラウドファンディングのMakuakeで400%を達成した今、注目の製品です。

今回は、【hu】のCBD VAPEを実際に試す機会をいただきましたので、じっくりと触ってレビューのレビューになります。

オシャレで使い勝手の良いデバイスは、人と違ったデバイスを探していた方にオススメです。

hu004
 
hu Device – Beige Gray
hu
この記事は、メーカー様より商品を提供していただき作成しました。

CBD VAPEブランド「hu」

CBD商品の開発・製造・販売やVAPE商品のOEM委託を手掛ける株式会社adReposeが展開するCBD VAPEブランド「hu」です。

hu Device – Beige Gray

CBD VAPE デバイス「hu Device」は、単品発売の場合Beige GrayとGrayの2色のラインナップがあり、今回はBeige Grayです。

hu Device
付属品デバイス×1、Type-Cケーブル×1、ユーザーマニュアル×1、保証書×1
本体サイズ120×20×10mm
本体質量27g
本体バッテリー容量520mAh
本体ワット数6W-7W
本体電圧2.4-3.7V
充電時間約45分

hu CBD POD – Citrus Menthol

hu Device専用のCBD POD。

hu CBD POD
フレーバーCitrus Menthol
内容量1個(2ml)
CBD含有量300mg(15%)
主要成分PG/VG/香料
パフ数1ポッド(2ml)で250~300パフ吸う事ができます。

今回は「Citrus Menthol」を選択してみましたが、他に「APPLE PIE」、「Lemon Sour」、「Shine Muscat」、「Lychee」の4種類、計5種類があります。

hu Deviceとhu CBD PODのレビュー

デバイス(バッテリー)本体です。表側には丸い電源ボタン兼LEDランプ、裏面にはhuのメッセージでしょうか?「A Breath for brank.」と書かれています。

サイズ感としては、手にすっぽり入るサイズで、丸みを帯びた形で握りやすいです。

上から見ると楕円形をしているのが分かります。

PODを取り付ける側の上から見ると、2つの電極があります。
反対側になる先端には、充電するためのUSB type-Cになっています。

デバイス充電

ACアダプターは同梱されていないので、お手元にあるACアダプターやパソコンなどに同梱された充電ケーブルを使って充電します。充電時間は約45分になりますが、到着時にはほぼ満充電になっていたようでした。

満充電になるとライトが緑に3回点滅します。

セット

まず最初に電源をオンします。

電源ボタンを5回連続押すと電源がONになり、ランプが緑色に点滅します。
一般的な510規格バッテリーと同じ電源ONの操作方法になります。

hu CBD PODのマウスピース部と底部の2か所についているシリコンキャップを取り外します。底部のシリコンキャップは老眼のオジさんにはちょっと見づらかったです。

hu Device本体にCBD PODを挿し込みます。マグネット式でカチャッ(カチッ?)とくっついた後に、ライトが白く点灯と同時にブルッと本体が震動します。

ここまでで一通りの準備OKです。キック感を調整できる電圧は、一番弱い2.4Vに設定しています。

マウスピースに口をつけ、ゆっくり吸い込みます。
hu Deviceは、ボタンを押さなくても吸うだけで電源がONになる吸引センサーがあります。

吸い込むと喉に、メンソールのすーっとした爽やかさと、シトラスの風味を感じます。

いつものCBD VAPEの吸引と同じく、肺まで吸い込んで10秒程度肺に留めて、ゆっくりと吐きだします。
煙はあまり多くないのですが、メンソール感、シトラス感とてもおいしいです。

普段から30%~50%ほどの濃度のリキッドや、ワックスを吸っていますので、huのCBD PODの15%は体感が弱く感じると思っていましたが、しっかりと肺に留めてからゆっくりと吐きだすことで、思った以上にCBDを感じられました。

CBD VAPEは、フレーバーリキッドの様に際限なく吸っていい物ではありませんが、美味しかったりストレスが溜まっている時だと、気付かずにスパスパしすぎてしまう事も少なくありません。

特に初めてCBD VAPEを吸う時は、自分にとって丁度良い摂取量が分からず、気付いたら吸いすぎちゃっていた!という恐れもありますが、hu Deviceは、【10分以内に継続して、15回以上吸引した際に吸いすぎ防止アラートとして震動します。】という安心な機能があります。

一番低い電圧でも、風味もCBD感がありながら、ムセ感やキック感も非喫煙者の僕にはちょうど良かったのですが、普段から喫煙される方や、タバコ替わりを兼ねて吸っている方でもっとキック感が欲しい!という方にも対応できるように、キック調整機能があります。

電源ONの状態で、電源ボタン3回連続で押すことで、弱(2.4V)⇒中(2.9V)⇒強(3.2V)⇒弱(2.4V)と切り替わりますので、丁度良いキック感を選ぶ事ができます。

hu Deviceは、510規格バッテリーにある加熱モード(プレヒート機能)があり、電源ボタンを4回連続で押すことで7秒間加熱でき、途中でボタンを押すと停止します。

今回は、吸い始めたばかりのCBD PODでしたのでプレヒート機能は使いませんでしたが、吸い進めるとPODの中でリキッドが固まる事があるので、その時に加熱をすることで柔らかくなって吸う事ができます。

hu を選ぶメリット

hu CBD VAPEを実際に使って感じたメリットは、

  • 人と違ったおしゃれなデバイスが持てる
  • 操作が簡単⇒吸引時のボタン操作不要でPODの交換がワンタッチ
  • アップルパイをはじめ、あまり他に無いフレーバーのCBD VAPEを体験できる

hu を使った時の他のデバイスと比べたデメリット

hu CBD VAPEを実際に使ってみて感じた他のデバイスと比べたデメリットは、

  • CBD Deviceは一般的な510規格バッテリーと比べて高額⇒使い勝手とおしゃれなデザインのため?
  • 現在、CBD濃度15%の5つのフレーバーのみの商品展開⇒他に無いフレーバーが展開されている

huの購入がオススメの人

hu CBD VAPEを実際に使って見て思った『hu CBD VAPEの購入がオススメの人』は、

  • 他の人と違ったCBD Deviceを探している人
  • APPLE PIEやLemon Sourなど、「hu」にしかないリキッドを吸いたい人。
  • 大切な人にプレゼントするCBD VAPEが欲しい人

が思い浮かびます。

huの購入場所・購入方法は?

「hu」はクラウドファンディングのMakuake達成率400%超えと大人気ですが、Makuakeでの販売は終了し、hu【公式】サイトで購入できます。

今回、デバイスは2色あるうちのBeige Gray、CBD PODは、5種類あるうちのCitrus Mentholを紹介しましたが、他にも色々ありますので公式サイトを是非ご覧ください。

 

hu004
 
hu Device – Beige Gray
hu
hu CBD POD – Citrus Menthol
hu

hu CBD VAPE まとめ

今回は『「hu」CBD VAPEレビュー!専用デバイスで始める高機能CBDベイプ!』について書いてみました。

人と違った新しいデバイスやちょっと違ったフレーバーをお探しの方におすすめ!

ギフトカードがセットになった『hu – Gift card』もありますので、大切な人の贈り物にもオススメです!

hu004
 
hu – Gift card
hu

hu Device - Beige Gray
最新情報をチェックしよう!
お問い合わせ
お問い合わせ