CBDカートリッジの保管

CBDカートリッジ【ベイプリキッド】の正しい夏の保存方法を徹底解説!

CBDカートリッジをはじめ、ベイプリキッドやCBDワックスは、夏場になると色が変わったり、味や香りが落ちたりするのが早くて、どうやった保存したらいいのか気になる人も多いはず。

初めての夏ですと特に悩みますよね。

CBDカートリッジやベイプリキッドの夏の保存方法をこの記事を読めば解決できます。

CBDを始めて夏を数回越したNORI(@norino_mono)が自分の経験とメーカーさん/SHOPさんに確認したCBDカートリッジやベイプリキッドの夏の保存方法について書いてみます。

CBD DANK フルヘンプ Purple hazeリキッド

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

VapeMania 和み CBDカートリッジ O.G KUSH

CBDカートリッジを集中したい時や、リラックスしたいとき、就寝前などフレーバーや濃度などで使い分けている方も少なくないんじゃないでしょうか? 僕もCBDを使ってきて、低濃度は日中、高濃度はリラックスタイム、CBNは就寝前など自分なりに使い分けています […]

VapeMania CBNカートリッジ CBN420mg 1ml O.G KUSH

CBN優位のぺイプと言うと、僕の中では以前吸ったD.O×VapeMania CBNペン型カートリッジが印象深いです。 CBNはリラックスをしたい時には本当に最適で、僕の経験ではお休み前に吸うのがオススメです。 CBNと高濃度テルペン『NERIMA O […]

VapeMania NAGOMI CBDワックス MANGO KUSH

VapeManiaの人気のNAGOMI Distillate CBD ワックスのフレーバーは7種類! 以前試したBLACK BERRYはワックスなのにマイルドなキック感でとても美味しいフレーバーでした。 OG KUSHなど定番のフレーバーをはじめ、い […]

C-Tec DUO CBDカートリッジ

ニコチン・タール0で人気の高い電子タバコ【C-Tec DUO】 タバコの代わりや禁煙の為に使っている喫煙者の方も多いと思います。 低温加熱式タバコのプルームテック(PloomTECH)のたばこカプセルも使えるので、電子タバコとしても加熱式タバコとして […]

CBDカートリッジ【ベイプリキッド】の夏の保存方法

手に入れたばかりのCBDカートリッジやベイプリキッドは、フレーバーや成分などによって、色の濃い薄いなどの違いはありますが比較的透明で、しっかりとした香りを感じられます。

バッテリーに接続し、吸い始めると少しずつ色が濃くなり、香りも落ちてきます。

普段は、高温にならない冷暗所で保存していますが、夏場は日の当たらない室内でも温度は高くなり、色が濃くなり、風味が落ちるのも早くなります。

私自身が使っているCBDリキッド、CBDカートリッジ、CBDワックスのメーカーさん/SHOPさんを中心に問い合わせをしてみました。

プラスウィード(+WEED)確認中プラスウィード公式
グリーンブルドッグ(GREEN BULLDOG)当店のCBD製品につきましては、冷蔵庫での保管ではなく、夏場でも高温多湿を避けた、冷暗所での保管をお願い致しますグリーンブルドッグ公式
CHILLAXY(チラクシー)冷蔵庫の中での保存推奨CHILLAXY公式
CALIFORNIA GOLD14度の保冷庫がザベストです
家庭用冷蔵庫であれば野菜室です
CALIFORNIA GOLD公式
Hemp of Water日の当たる場所だと分離なども早くなってしまうので、ストックがある時はなるべく暗くて涼しい場所が理想ですHemp of Water公式
CHOOSESMOOKE暑い夏に常温での保管はなんべく 避けた方がいいと思います。 リキッドの変色のスピードが上がってしまい味や効果を下げてしまう恐れがあります。 一般家庭にあるものでの保管ですと冷蔵庫の野菜室が1番最適かと思います。CHOOSESMOKE公式
まどろみCBDSHOPなるべく直射日光などの光が当たらず、空気にもあまり触れないような場所での保管が望ましいですので、この時期は冷蔵庫の保管も1つの手かと思いますまどろみCBDSHOP公式
green112基本、冷蔵庫での保存推奨閉店

まだ、すべて記載できていませんが、とても早い回答をいただけました。

NATURECAN CBDリキッド-メンソール

CBDのベイプリキッドも同様であまり暑くならないところや温度変化の少ないところでの保管がおすすめとの事。

冷蔵庫や野菜室で保管をすることで、色の変化や風味が落ちたりするスピードを落とす事ができますので、CBDカートリッジと一緒に冷蔵庫で保管しています。

温度以外の注意点

メーカーさん/SHOPさんに確認できたことは、とにかく温度を上げないようにする事で、夏場は冷蔵庫または、野菜室の中で保存が一番らしい。

直射日光に当てない

冷蔵庫の中は、日光が当たりませんが、光に当てない事が重要です。

ベイプリキッドは、茶色の遮光ボトルで販売されている事が多いのですが、半透明のプラスチックボトルで販売されているメーカーもあり、温度管理を兼ねて光の当たりにくい冷蔵庫で保存するのが一番だと思います。

空気に触れる頻度も低くする

あと、空気にもできるだけ触れないようにする事も大事ですので、ボトルならキャップ、カートリッジなら密閉容器でしっかり封をすることが大事です。

あと、僕の体験からですがCBDカートリッジは寝かせて保存すると、内部のリキッドが漏れたり、吸引時に口の中に入ってしまう事がありましたので、CBDカートリッジは立てて保管する事ように注意した方が良いと思います。

CBDカートリッジを立てて保管するお勧め商品

CBDカートリッジを吸っている方はご存じだと思いますが、100均で販売されているペン立てがすごく便利。

Twitterでも便利に使われる様子が紹介されています。

僕もこんな感じで、リキッドだけじゃなくバッテリーも立てています。

この商品は、セリアで購入しました。

夏の暑い時期は、バッテリーを除いたこのペン立てごと、冷蔵庫に入れています。

事務所で仕事をする日には、朝事務所に到着して吸うカートリッジを取り出し、帰宅時には冷蔵庫にしまって帰ります。

まとめ:CBDカートリッジの夏の正しい保存方法

今回は『CBDカートリッジ【ベイプリキッド】の正しい夏の保存方法を徹底解説!』について書いてみました。

CBDカートリッジをはじめ、ベイプリキッド、CBDワックスなどのVape(ベイプ)製品は、夏の暑さが苦手です。

その他、直射日光や空気にふれる頻度を減らすのも、美味しく吸うためにはとにかく大事です。

冷蔵庫での保存をおすすめするメーカーもありますが、冷蔵庫以外の冷暗所での保存をおすすめするメーカーもあります。せっかくのCBDですので美味しく摂取する為にメーカーさん/SHOPさんの保管方法をしっかりと確認し、できるだけ早く吸い終わりましょう!

  • 高温多湿の場所に置かない⇒冷蔵庫や野菜室で保管
  • 直射日光の当たる場所に置かない⇒冷蔵庫など冷暗所で保管
  • 空気に触れないようにしっかり栓をする⇒CBDカートリッジはケースやファスナー付袋で保管
  • 早く吸い切る
CBDカートリッジの保管
最新情報をチェックしよう!
お問い合わせ
お問い合わせ